入居の流れ

HOME» 入居の流れ »設置運営指導指針による類型・表示事項

入居の流れ

設置運営指導指針による類型・表示事項

1.類型

介護付有料老人ホーム

(一般型特定施設入居者生活介護)            

2.居住の権利形態

利用権方式

3.利用料の支払い方式

前払金方式

4.入居時の要件

入居時自立・要支援・要介護

5.介護保険

東京都指定介護保険特定施設

(一般型特定施設)

6.介護居室区分

全室個室

7.一般型特定施設である

有料老人ホームの介護

にかかわる職員体制

2.5:1以上

 

 

各用語について


1.類型:有料老人ホームには以下のタイプがあります。


◆介護付有料老人ホーム(一般型特定施設入居者生活介護)
介護サービスは当該ホームの職員が提供します。(=カペナウム)

介護付有料老人ホーム(外部サービス利用型特定施設入居者生活介護)
介護サービスは委託先の介護サービス事業所が提供します。

住宅型有料老人ホーム
生活支援等のサービスがついた高齢者向けの居住施設です。
介護が必要になったときには、選択により地域の訪問介護等の介護サービスを
利用しながら居住を継続できます。

健康型有料老人ホーム
食事等のサービスがついた高齢者向けの居住施設で、介護が必要になったときには
退去しなければなりません。

 


2. 居住の権利形態:住居としての権利関係です。


利用権方式
居住部分と介護や生活支援等のサービス部分の契約が一体となっているもの。(=カペナウム)

建物賃貸借方式
居住部分と介護や生活支援等のサービス部分の契約が別々。
入居者の死亡をもって契約を終了するという内容は有効になりません。

終身建物賃貸借方式
特別な類型。知事から認可を受けた高齢者の住宅専用の事業。
入居者の死亡をもって契約を終了するという内容です。

 


 3.利用料の支払い方式:家賃相当額の支払方式です。


前払金方式
終身にわたって受領する家賃相当額等の全部又は一部を前払金として
一括受領する方法です。(=カペナウム)

月払い方式
前払金を受領せず、家賃相当額等を月払いする方法です。

選択方式
入居者により上記2つのいずれかを選択できる方法です。

 


 4.入居時の要件:入居するための要件です。


入居時自立

入居時要介護

入居時要支援・要介護

入居時自立・要支援・要介護(=カペナウム)

 


 5.介護保険:施設で取り扱う介護保険の種類です。


東京都指定介護保険特定施設(一般型特定施設)
要介護1~5が対象にする保険です。(=カペナウム)

東京都指定介護予防特定施設
要支援1と2の方を対象にする保険です。(=カペナウム)

 


6.介護居室区分:入居される居室の種類です。


全室個室
介護居室はすべて個室です。(カペナウム)

相部屋あり
すべてが個室ではなく、相部屋となる場合があるホームをいいます。

 


 7.一般型特定施設である有料老人ホームの介護にかかわる職員体制:
入居者に対する職員の比率です。


数字が小さくなれば職員の人数は増えます。3:1以上であることが求められています。
カペナウムは2.5:1以上です。