サービス

HOME» サービス »お食事

サービス

お食事

カペナウムのお食事


お客様それぞれ、育った地域や環境が様々なように、食生活においても様々な食習慣や嗜好を

お持ちです。そんなお客様1人1人に、カペナウムの食事は美味しい!と言っていただけるように

日々工夫を凝らしています。お食事は毎日のものだからこそ、こだわりたい。

心と身体を健やかに保つために楽しく、美味しく幸せな食空間の演出をご提供します。

 

「医食同源」


医食同源とは、「病気を治す薬と食べ物とは、本来根源を同じくするものである」=食事に注意する

ことが病気を予防する最善の策であり、日ごろの食生活も医療に通じるという意味です。

 

  

この言葉を念頭におき健康維持と 美味しさを追求しています。1日3度のお食事にはそれぞれ役割が

あります。朝食は睡眠中に下がった体温を上げ眠っていた臓器を起こす役割。1日の元気の源です。

昼食はエネルギーの補給をし午後の活動に備える役割。夕食は1日の疲れを取る役割。この3度の

食事をきちんと摂ることによって体のリズムを調節しているのです。

 

五感で楽しむ食空間 


五感とは味覚、触覚、聴覚、嗅覚、視覚の5つです。五感を刺激すると脳の働きが活性化され

免疫力が高まり、ストレスやうつ予防にもつながるといわれています。ダイニングルームに座る、

厨房からは野菜を切る音やお肉を焼く音、様々な食材のいい香が漂ってきます。

お食事が運ばれると、心地良いBGMととに、彩り豊かなお料理を見て楽しんでいただき召し

上がって食材の舌触りを感じていただけるよう、彩り切り方には特にこだわっています。

 

季節を楽しむ食空間


  

  

カペナウムでは毎月1回行われるお誕生日会で季節の食材を使った松花堂弁当を手作りして

お祝いしたりその他にも年間を通して様々なイベントを行っています。1月はおせち料理、2月は

節分、3月はひな祭りなど日本の伝統行事を大切にしその時によく食べられる食材を中心に

使い、行事にまつわる言い伝えや食材の栄養や効能などのお話をし大変ご好評をいただいて

おります。

 

  

その他にもお庭で育てた野菜を収穫し、その日のお食事にご提供することもたびたびあります。

取れたて新鮮な旬の野菜は美味しさが格別です。

 

作って楽しむ食空間


毎月行われている料理クラブでは、おやつを中心に和菓子や洋菓子などをお客様と一緒に作り

3時のティータイムに召し上がっていただいてます。

料理を作るためには、出来上がるまでの工程を把握したり、段取りをよくしなければならないため

脳の活性化や老化防止にも非常に有効だと言えます。お客さまはとても真剣な表情で取り組んで

いらっしゃいます。出来上がった時の安堵の表情や召しあがった時の笑顔がとても素敵です。

 


お客様満足度調査、栄養会議の実施


年に2回、お客様お1人お1人に、お食事やサービスについての満足度調査を実施しています。

お客様の声を直にお聞きし、お好みの変化等にも柔軟に対応しています。高齢になられると、

あっさりした味付けや淡白な食材を好む・・・等、嗜好が変わることがあります。また、認知症の

症状のひとつとして、嗜好の変化があります。お客様お1人ずつ、毎食の食事摂取量を記録し、

体重の増減、お食事の様子や嗜好を観察し細かい変化も見逃しません。お客様の常食、減塩食、

刻み食、ミキサー食、嚥下食などの様々な食形態に対応するために、看護師と管理栄養士により、

毎月1回栄養会議を実施しお客様の健康状態、咀嚼、嚥下状態を把握し、より安全に健康で

楽しく食事を召し上がっていただくための工夫を行っています。お食事によって、お客様の大切な

ひとときを彩り、笑顔をひきだすお手伝いをすることがわたしたちの願いです。

 

カペナウムのお食事についてBLOGにアップしています。

ぜひご覧ください ⇒ カペナウム STAFF BLOG