環境

HOME» 環境 »環境

環境

環境

 

武蔵野の林がカペナウムの四季を彩ります


 『林はじつに今の武蔵野の特色といってよい。すなわち木はおもに楢の類いで冬はことごとく

落葉し、春は滴るばかりの新緑萌え出ずる』-- 国木田独歩「武蔵野」より --

 

 

グランドホーム・カペナウムの環境


"ひまわり通り"に沿って広がる住宅地と学校や公共施設が点在する広々とした地区"清瀬市中清戸"。

武蔵野の面影を色濃く残す憩いの森"神山緑地"に隣接して"カペナウム"(介護付有料老人ホーム)は

あります。広い庭とモダンな建物から生まれるゆとりある生活環境は、皆さまの日々の暮らしを更に

豊かなものするでしょう。私たちは、"環境(自然・建物・庭)"も"介護"を支える大きな力になると

考えています。  

 

 

神山緑地


神山緑地の木々。クヌギ、コナラ、エゴノキなどが見られます。

【8月撮影】  

【8月撮影】

 【4月撮影】

 

【1月撮影】

 【1月撮影】

 

                     

 


神山緑地に住む生物


沢山の野鳥(カッコウ・ウグイス・モズ・シジュウカラ・セキレイ・ホウジロ・オナガなど)や、

昆虫(カブトムシ・セミ・クワガタ・チョウなど)、動物(タヌキ・モグラなど)が生息しています。
 

清瀬の市の鳥とされているオナガ 

(写真:清瀬市ホームページより転写)