音楽療法

HOME» 音楽療法 »音楽療法とは

音楽療法

音楽療法とは

 

音楽療法とは


音楽療法とは「音楽のもつ生理的、心理的、社会的働きを用いて、心身の障害の軽減回復、

機能の維持改善、生活の質の向上、問題となる行動の変容などに向けて、音楽を意図的、

計画的に使用すること」と定義します。(日本音楽療法学会 ガイドライン11より) 

音楽療法は、決して”上手に歌うこと”を目指すものではありません。音楽を聴いたり、歌ったり、

楽器を演奏することで、感情が豊かになり、心身の障害の軽減回復や生活の質の向上を

もたらすものです。

 

活動の目的


・音楽を通して気分転換・発散、ストレスの軽減やリラックス効果を図る

残存機能の維持、改善(例:発声、発語、身体運動など)

・認知面(記憶想起や集中力の維持、感情表現など)へのアプローチ

音楽活動を通してのコミュニケーションや自主性の援助

・集団で行う場合、他者の存在を意識しグループの一体感を感じることで孤独感の軽減に繋がる

 

 

活動内容


音楽療法は決して"上手に歌うこと"を目指して行うものではありません。音楽を聴いたり歌ったり

すると、心が安らいだり楽しい気持ちになることがあります。馴染みの曲では懐かしい風景や忘れて

いた人物を思い出すことがあるかもしれません。 
 
また、その時を思い返し、思いもよらず涙がこぼれるかもしれません。この様に音楽を通して

日常では想起することのない思い出と共に気持ちが蘇り、自然に表情が豊かになることがあり

ます。そして、共に集った方たちとその思い出を共有するなどコミュニケーションを促進する

働きにも繋がります。 

童謡・唱歌・歌謡曲など音楽のジャンルは多岐に渡ります。おひとりおひとり違う人生を歩んで

こられたお客様の歴史同様、それぞれに好みの音楽があり、その日その時によっても望まれる

音楽は様々です。音楽の持つ特性を生かし、お客様の思いに寄り添いながら"よりよく"

"その人らしく"生きられるようお手伝いさせていただきます。 

 

活動の様子は、随時ブログにアップしていますので、是非ご覧ください。

音楽療法のBLOGはこちら ⇒ カペナウム STAFF BLOG